Top

スタッフ日記

ドラえもん展

THE ドラえもん展 TOKYO 2017展

 

行ってきました!

 

この展示は原作者不二子さんの絵やら映像やらが展示されているわけではないんです。

 

現代アートのアーティストさんたちが

思い思いのドラえもんを創って

それを展示しているのです。

 

なので、原作のタッチとはだいぶ離れている作品もあり

子どもは楽しめるのかなあと思っていたのですが

ちびっ子たちがたくさんいました

 

この展示のすばらしいポイントは

参加しているアーティストさんが豪華なこと!

 

まず入場してすぐに村上隆さんの作品がどーん

 

doraemon 1

 

彼のビビットな色使いとドラえもんの絵がよく合っているなあと思いました。

 

 

そして蜷川実花さん

ドラえもん=理想の男性として作品を創っていて

ドラえもんとの一日デートした様子を写真に収めています

 

この展示は2002年にも開催されていたのですが

蜷川実花さんの2002年時の作品も一緒に置かれていました

どちらの年も同じコンセプトで撮影しているのですが

時代の流れをとても感じられておもしろかったです

 

2002年のときはプリクラを撮っていたり

写真を一冊のアルバムとしてまとめて、そこにコメントを書いていたり

アナログ感を感じるような仕上がりでした

 

doraemon 5

 

 

2017年はいわゆるインスタ映えのスポットで写真を撮っています

自撮り棒で顔を寄せ合ったショットもあり

写真はアルバムではなくインスタグラムに上がっているんです

 

doraemon 4

 

 

 

後は増田セバスチャンさん

きゃりーぱみゅぱみゅとかのMVで有名な方です

 

doraemon 3 1

 

 

巨大なドラえもんのぬいぐるみにピンク系のポップで可愛い装飾がびっしり….!

小さいサイズだったら購入を検討するくらい好みでした

 

doraemon 2 1

 

 

一番ツボだったのがしりあがり寿さんの作品

映像作品だったので写真を撮ることができず、、

 

かなーりドラえもんを崩したタッチで描いているのが好きでした

大人の落書きのようなちょっとシュールなゆるーいタッチ

 

しりあがりさんのマグカップが売っていたので思わず買ってしまいました

 

 

この展示全体を通して感動したことは

全てのアーティストさんがドラえもんを自分の作品の中に落とし込んでいること

ただドラえもんを模写したような作品は1つもなくて

オリジナリティが溢れに溢れている感じでした

その発想力と自分のものにする力はすごくうらやましいなあと思いました。

 

 

 

スタッフ らむ