Top

スタッフ日記

ポエム(時のしずく)

こんにちは。

今回ちょっと詩集をご紹介。

名付けて「時の雫」

机の上に一輪の花

四季折々に顔を変え

花瓶も水もひとり占め

けれど、どこか寂しげなその姿

時は止まることなく過ぎ去って

花びらの雫も流れ落ちる。

出会いで人生は広がり

別れで人生は深まる。

幸運で人は自信を深め

不運で人は成長する。

好きな相手は人の心を癒し

嫌いな相手は人の心を磨く。

得意分野は自分らしさを伸ばし

苦手分野は自分の視野を広げる。

愛されることで人は柔らかくなり

愛することで人は強くなる。

夢は新しい物語の始まりで

夢の終わりは次の物語の始まり。

心に押し寄せる波は

激しくもあり優しくもあり

強くなりたいと戦えば

荒ぶる波に叩きつけられ傷を負う

でもその後必ず包み込む波が来て

傷を癒してくれる。

そうやってあなたは磨かれ

あなたはあなたになっていく。

天に続く道

写真は「知床斜里(しゃり)」

命が一番大切だと思っていたころ

生きるのが苦しかった。

命より大切なものがあると知った日

生きるのが嬉しかった。

「頑張れ」

と言う言葉が人に力を与え

「大丈夫」

と言う言葉が人を安心させ

「無理しない」

と言う言葉が人を強くし

「ありがとう」

と言う言葉が人を笑顔にする。

太陽をうける仲間たち

写真は「北海道北竜町」

悲しみは雫となって空から降って来ます。

太陽をあびて今また空へと戻っていきます。

時を越えて。

ちょっとくすぐったいね・・・・・・。

生意気なポエムいかがでしたか?

天に向かって歩けてますか。。。。。

太陽の力、もらえてますか。。。。。

本日も笑顔でお会いしましょう。

スタッフ純子