Top

スタッフ日記

初お祭り ☆ナナ☆

 

毎年4月の第1日曜日に行われております

『かまなら祭り』

ご存知の方も多いかと思いますが…。

毎年なんだかんだと日程が合わず行けず、

ブログでは画像ヌスミながらで、ご紹介はしていました。

今年なまで初、かまなら祭り行って参りました。

 

かなまら祭りの起源は江戸時代、

川崎宿の飯盛女(娼婦)たちが性病除けや

商売繁盛を願った「地べた祭」とされています。
空襲により社殿や資料が焼失したこともあり、

昭和の中頃まで性的な信仰は忘れ去られていましたが、

1960年頃からそれが残る神社として、

海外の民俗学者などが訪れるようになったことを

きっかけに、1977年に「かなまら祭」が催されました。

その後は男根神輿・仮装行列などの新しいアイデアを

取り入れながら発展を続け、現在の形になったとされています。

 

 

置き物

 

 

すごい数のキャンドル販売

 

この中身は梅酒です。

 

かわいいー巫女さんと天狗様

 

神輿きましたー。

・かなまら舟神輿
勇ましくそびえ立つ鉄製の神輿。勇ましく黒光りする様に圧倒

 

 

ワッショイ!

わっしょい!

・エリザベス神輿
男性器を模した巨大なピンクのお神輿。かまなら祭りのシンボル。

 

 

・かなまら大神輿
最も歴史深い木製の神輿。サイズは小さいが年季を感じさせる逸品。

 

 

お土産物

ほだれ酒

 

キャンドル

 

 

 

ここでしか舐められない名物「子宝飴」は早い時間に売り切れ必至です!

実際に1時間ほど並びました。(;´・ω・)

子孫繁栄や安産・縁結びのご利益を求めているのか否か、

毎年多くの外国人を含めた観衆で賑わい、

人種入り乱れた男女が白昼堂々ち◯○飴を口に含む光景は

シュールそのもの。

毎年ネットで話題騒然のお祭りを来年は皆様、

一度はご体感を…(ただし、凄い人混みを覚悟してね!)

 

しかしこの金ホルダー、買ったは良いがどこで使おう(・・?

 

御輿を見た後の昼食は、桜満開の公園を見つけ

思わぬお花見ができました。

桜吹雪を満喫しました。

 

ハプニングバー横浜Muse

☆ナナ☆