Top

スタッフ日記

シュウマイ弁当 ☆ナナ☆

先日、『崎陽軒のシウマイ弁当、その食べる順番』を

テーマにしたテレビを見ました。

 

崎陽軒の「シウマイ弁当」は、昭和29年4月に発売され

今年で65周年を迎える駅弁の代表格。

シウマイをはじめとした10種のおかずが入った弁当は、

今なお1日2万4000個を売り上げている。

それだけに食べ方は人それぞれ。

食べる順番にフォーカスした

「食べ方図説 崎陽軒のシウマイ弁当編」が発売され、

2時間で完売したという。

さあ、食べる順番はどう?

まずは置き方も人それぞれ違う

縦に置く

横に置く

ちなみに私は縦置きで食べます。

 

 

シュウマイ、筍煮、唐揚げ、鮪照り焼き、かまぼこ

卵焼き、千切り生姜、切り昆布

俵型ご飯に小梅、アンズ

 

唐揚げを挟むタイミングや
さらに5個あるシウマイをどの位置から食べ始めるか、

ご飯を何処から食べるかというテーマに発展。

 

ちなみに「食べ方図説」の調査によれば、

ご飯から手を付ける人は621人中242人で、第1位だそう。

さらに「シウマイ弁当」が作られている横浜工場で働く人にも

何から食べ、どれで締めるかインタビューを敢行。

その回答はまちまちで、好き嫌いが分かれる杏子(アンズ)は、「食べられない」と答えるスタッフもいて……。

「杏子は食べない派」。

「食べ方図説」では、締めるおかずの第1位と聞いて驚いていた。

私はアンズ食べる派です。

またこれぞ公式!?

崎陽軒・野並社長の食べ方とは?

登場した有名人は「崎陽軒」の三代目、野並直史社長。

これまで1000個近く「シウマイ弁当」食べてきたという

社長の食べ方には、おいしく食べられるヒントが

散りばめられていた。

たとえば、シウマイにはカラシをドーナツ状にかけ、

中央に醤油を垂らしてこぼさない工夫をしているという。

社長が最初に食べるのはご飯で、

中央の梅干しを外し梅のエキスが染みたご飯が「うまい」とか。

さらに梅干しの位置をずらし、

新たに旨味を染み込ませておくというテクニックを披露した。

また、鮪の照り焼きを

「ほぐしてご飯の上にかけて食べても美味しく食べられる」

という。

社長は最後に「定番の『シウマイ弁当』はこれが完成形。変えるつもりはありません」と語っておりました。

みなさんの食べ方と比べていかがだったでしょうか?

どーでもいいけど、(笑)

言われたら考えてしまった

『崎陽軒シウマイ弁当』

でした。

ちなみにハマスタでも、売っています。(笑)

頑張れベイスターズ!!!

I☆YOKOHAMA

ハプニングバー横浜Muse

☆ナナ☆