Top

スタッフ日記

豚の足=ナナの足 ☆ナナ☆

焼肉屋さんへ行った時、時々注文する

これ

 

 

豚足です。

見た目で、苦手な方も多くいらっしゃるようですが、

私はかぶりつきます。( ^)o(^ )

 

ますは、豚足の良いところをお読み下さい。

 

豚足に豊富に含まれるタンパク質の多くが、コラーゲン、

エラスチンです。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、ともに肌を内から支え、肌のハリや弾力、潤いを保ち、シミやしわなどを防ぐ働きがあります。

また、その他にも、血管の弾力を保って動脈硬化を防いだり、

関節痛の予防にも効果があります。

豚足にはロイシンも含まれる – 筋肉強化に効果がある

豚足には必須アミノ酸のひとつであるロイシンが含まれています。

ロイシンは、筋肉を強化して筋肉を失わせないようにする効果があります。

また、ロイシンには、肝機能の向上に効果があり、疲労回復が期待できるほか、運動時の持久力の強化、またストレスの解消にも有効です。

亜鉛も含まれる – 味覚を正常に保つ効果

豚足には、ミネラルの一種である亜鉛も含まれています。

亜鉛は、舌にある味蕾(みらい)を作るために欠かせない栄養で、味覚障害を予防・改善する効果があります。

亜鉛はクエン酸と一緒に取ると吸収率が良くなるので、

レモンと一緒に豚足を食べると効果的に摂取できます。

骨を勝負にするビタミンD、カルシウム – 骨密度アップに効果的

豚足には、骨を丈夫にするビタミンⅮ、カルシウム、

マグネシウム、リンが含まれます。

ビタミンDはカルシウムの吸収を良くし、さらにカルシウム、マグネシウム、リンは丈夫な骨を作るのに有効な栄養です。

また、豚足はコラーゲンも含むため、しなやかな骨を作るのに効果的な食材です

鉄分、ビタミンB12を含む – 貧血予防に効果

豚足には、鉄分、ビタミンB12が含まれます。

鉄分は、赤血球のヘモグロビンの構成成分となり、全身に酸素を運び、疲労回復や鉄欠乏性貧血の予防に効果があります。

また、ビタミンB12は、葉酸と共に赤血球中のヘモグロビン生成を助け、正常な赤血球を作る働きがあり、悪性貧血の予防に効果があります。

 

通常豚足は酢味噌で食べることが多かったなか

 

この日は九州焼肉屋さんでの

豚足は

 

 

醬油タレ

 

焼き目をつけて

このタレがまた美味しかったのです。

なお、

食べ過ぎは要注意!豚足は脂質が多い

豚足は、タンパク質が豊富で女性の間では、美容にに良いと言われていますが、豚足は脂質も多く含まれていますので、食べ過ぎるとかなり高カロリーになります。

ナナ足も(写真はご勘弁)

いえいえ全体的に更にグレードアップ

していますので要注意です。(笑)

昔、網タイツをはいていたのが

信じられませんね。(笑)

豚足を食べていて思いついた今週のブログネタ

 

来週18日の月に一度美味しいイベントの告知も兼ねて

(;´・ω・)

この黒い足の色は美味しい証拠

久しぶりの原木生ハムのご提供です。

もう味わう事は難しいかと思いますので、

是非ともご賞味、お楽しみくださいね。

 

ハプニングバー横浜Muse

☆ナナ☆